門松、仏花、供花、ナトゥーフ、シャニダール。

花ははるか昔から、人の心と神の心を近づける役割を果たしてくれました。
時代は変わり、花のあり方も少し変わりましたが、花に対してどうしても特別な想いを抱いてしまう人間の心は、少しも変わっていません。 それはきっと、人は花の向こう側に神の姿を見るからでしょう。

これからも、花と人と神の関係を守り、花をいかし、花にいかされるということを続けていきたいと思っています。

お知らせ

自己紹介

山本 郁也Fumiya Yamamoto

花人

音楽家を志して上京するも挫折。仕事の傍ら端唄を嗜む中で花と出会い天啓にうたれる。川瀬敏郎、本條秀太郎、上口昌徳ほか、さまざまな人々との出会いに薫陶を受けながら、独自の創作活動を続けている。著書に『風動いて開く花』(私家版、2020年)。論考に「生殖器崇拝としてのいけ花」(『いけ花文化研究』第8号、2021年)など。国際いけ花学会会員。長野県在住。
主な活動内容は、花の教室の運営、催事や店舗でのいけこみ、芸術家とのコラボレーション、研究、執筆など。

「花綵の会」のご案内

不定期で、花と知のサロン「花綵の会(はなづなのかい)」を開いております。

ただ花をいけるだけでなく、花をいけることをきっかけとして、社会や世界について考えるサロンです。
いま、世界は混乱しています。政治も資本主義も限界を迎えつつあります。
そんな厳しく余裕のない時代、花の古来の文化や哲学も、悲しいことに失われつつあります。しかし、懐古主義になりたいわけではありません。
花の文化を思い出しながら、守るべきを守り、変えるべきを変える。そのために、いろんなことを一生懸命に考える。そして、少しでも明るい未来を願う。そんな活動が重要だと考えています。なぜなら、その「考え、願う」ことこそが、失ってはならない花の文化そのものだからです。

みなさまと、たくさんの大切なことをお話できると嬉しいです。

※2021年5月〜7月の会は満席となりました。キャンセル待ちおよび次回優先案内の申し込みを受け付けています。

お申し込みはこちら

通信販売

「花綵の会」のオンラインショップです。

花綵の会が制作した商品や、セレクトした商品を販売しています。

オンラインショップはこちら

お問い合わせ

催事・店舗でのいけこみ、出張教室、執筆・講演のご依頼等、お仕事のご相談はこちらからお願いいたします。

状況や予算に応じて柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら